冬季限定の東園の旬な牡蠣/神田での個室宴会には、本格中国料理の東園。

HOME > 冬季限定の東園の旬な牡蠣

冬季限定の東園の旬な牡蠣

グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」と呼ばれる。

牡蠣の歴史は非常に長く、
世界中で食され、人類が
親しんできた貝の一つである。
一般的に肉や魚介の生食を嫌う
欧米食文化圏において、カキは例外的に
生食文化が発達した食材であり、
古代ローマ時代から珍重され、養殖も行われていた。
生ガキはフランス料理におけるオードブルとなっている。

牡蠣

中華料理では、下記を塩茹でにした際の茹で汁を濃縮したオイスターソースとして使用することが多い。牡蠣の料理としては、「豆鼓醤(黒豆を発酵させた調味料」炒め」が有名です。

東園の牡蠣料理

当店は20年前に元チーフ中山の考案した「牡蠣と岩海苔の炒め」が人気で、秋・冬の名物料理となっております。牡蠣が嫌いな方でも、これなら食べられると仰っていただけるほどで、デイナータイムに来店される方の8割の方がご注文されます。 また、冬場には、寒い季節にピッタリの「担々牡蠣土鍋」もご用意いたします。

ご予約はこちらから

春のオススメメニュー

  • パリパリジャコサラダ

    パリパリジャコサラダ¥850-

  • 四川麻婆豆腐

    四川麻婆豆腐¥800-

  • 海老とトマト・レタスの玉子炒め

    海老とトマト・レタスの玉子炒め¥1,200-

  • レバーとニンニクの芽のスタミナ炒め

    レバーとニンニクの芽のスタミナ炒め¥980-

  • ハーブ豚とアスパラ アワビ茸の黒胡椒炒め

    ハーブ豚とアスパラ・アワビ茸の黒胡椒炒め¥1,200-

このページのトップへ